2011年07月08日

大阪駅/時空の広場

Oosaka

2011年5月4日にグランドオープンした大阪ステーションシティ。そのシンボルといえるのは、ノースゲートビルディングとサウスゲートビルディングの間でプラットホームを覆う巨大な大屋根。
永らく工事中で、特に北側と南側との連絡が貧弱だった大阪駅だが、大屋根の下に「時空(とき)の広場」が開設され、劇的に連絡が向上した。
将来的にはプラットフォームの屋根も撤去され、時空の広場からは発着する列車をジオラマのように見下ろせる場所になる予定。(しかし大屋根の横のすき間から、風のある日は降雨が降って来るとの懸念から、撤去するかどうかは検討中とか。。)とはいえ現状でも列車の動きはそれなりに把握できて楽しい場所です。

時空の広場にはカフェが開設され、またイベントスペースも用意されていて(ゆるキャラフェアをやってた)それでも通行の妨げにはならない広大な通路です。待ち合わせスポットとして、北側には金時計/南側には銀時計が設置されてます。
完成までにはもうちょっとかかるでしょうけど、大阪駅は本当に素晴らしい駅に生れ変わりました。乗換などの機能的な面でも洗練されているし、駅の構造体である大屋根がランドマークになるというのも素晴らしい。
鉄道会社や百貨店やら行政やら、たくさんの思惑が入り組むであろう『駅』という場所を、よくぞここまでバランス良く作り上げたものです。


Black design
http://www.blackdesign.biz/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/


posted by otonano at 04:55| 日記

2011年01月29日

大阪駅を斜めに覆う大屋根

Oosaka

これは巨大ターミナル駅の宿命なのかもしれませんが、いつもどこかが工事中というイメージしか無かった大阪駅が、すごく美しくなっていました(まだ工事は続いているようですが)
OSAKA STATION CITY
http://2011osaka.com/

特筆すべきは、高さ約60メートルのガラス張りの大屋根。東西約180メートル、南北約100メートルあり、新北ビル「ノースゲートビルディング」(28階建て)から南側の「サウスゲートビルディング」(27階建て。現アクティ大阪)まで、ホーム上を斜めに覆う。
ヨーロッパの駅みたいですよねえ。各ホームの屋根は順次取り外して行くようで、開放的な空間が期待できます。
南北のビルをつなぐ橋もいずれ完成して、人の動きも滑らかになりそうです。しかもここからは列車の動きも見えるそうで。

梅田ヤードの再開発も有りますし、近隣では様々なビルが建築中だったりします。大阪駅のまわりから工事の音が止むことは永遠に無いのかもしれませんけど、斜め屋根が出来たことで駅としてのシンボルとなる大きな顔を持てたなと思います。OSAKA STATION CITYの開業日は2011年5月4日。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/



posted by otonano at 20:42| 日記

2009年08月15日

アクアラインを通って房総半島最南端の野島崎へ

5ec39ec3.jpg東京湾アクアライン、土日の割引は朝六時開始。それを避けるべく遅めの10時にスタート。海ほたるは満車ながらも、渋滞も混雑も無く通過。
館山自動車道などを通って南下、房総半島最南端の野島崎へ。野島崎灯台は一般公開されており、200円で上部にのぼれる。東京湾の入り口の要衝に立つ重要な灯台に、こんな簡単に入れるとは。長い螺旋階段を延々とのぼると、現役の灯火部分もしっかりと観察できる。テラス部分からは太平洋の水平線が広々と眺めらます。

帰りのアクアライン、17時から20時の渋滞予測なので16時頃に通る事にするも、トンネル部分はずっと渋滞。小中学校が夏休みで土日ETC割引で、混雑っぷりはもう予測できませんねえ。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by otonano at 04:22| 日記

2008年09月13日

アリコ社:雑誌広告

1cadab48.jpgBlack design 制作ファイル

・アリコの保険はファミリーを対象にした保険が多いので、子供と一緒に家族で楽しめるように塗り絵をモチーフとして表現。

・アリコの男性誌向けの雑誌広告。現代の医療事情を小説という形で興味を持たせ、下半分の商品説明に落しこむ構成。

・アリコの雑誌広告。表4のページを、あたかも雑誌の表紙のようなレイアウトでアテンションを引き、その内側の表3で商品の詳細な説明をするマルチ広告。

・アリコの女性誌向けの雑誌広告。子供と一緒に遊べるようなペーパークラフトを配置して、楽しみながらも保険に興味を持っていただこう、という構成。


http://www.blackdesign.jp/blackhtml/m_1b.html
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/m_2.html
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/m_3.html

PDFファイル
http://homepage.mac.com/blackdesign/single_pdf/016_Alico_1.pdf
http://homepage.mac.com/blackdesign/single_pdf/016_Alico_2.pdf
http://homepage.mac.com/blackdesign/single_pdf/016_Alico_3.pdf
http://homepage.mac.com/blackdesign/single_pdf/016_Alico_4.pdf

http://member.jagda.org/?m=pc&a=page_epfh_detail&target_e_portfolio_id=197&target_c_member_id=2347

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by otonano at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月23日

Formula NIPPON 1/64スケールモデルカー

85e94232.jpghttp://www.lawson.co.jp/campaign/f-nippon/index.html
ローソンで缶コーヒー二本でもらえる。
全部集めたいところだけれど、コーヒーは苦手なので小暮っちのPIAA NAKAJIMAをゲットしてきた。
構造の複雑なフォーミュラーカーながらも、わりとよく出来てます。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by otonano at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月08日

自衛館

d26937f2.png自衛隊オフィシャルスペース 自衛館
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/jieikan/index.html

渋谷に自衛隊の広報スペース「自衛館」−迷彩服など制服試着も
http://www.shibukei.com/headline/5313/

自衛隊のオフィシャルスペース「自衛館」が渋谷にオープン
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080704/1016384/
7月1日、渋谷の宮益坂に自衛隊のオフィシャルスペース「自衛館」がオープンした。自衛官の活動内容を広め、若者の応募につなげる狙いだ。
 同館は、防衛省・自衛隊が自衛官の募集拠点として開設した施設。博報堂(港区)に運営を委託し、イベント運営などを手がけるライチャスインターナショナル(中央区)が内装やディスプレーなどのディレクションを手がけた。常駐する女性案内員も民間から派遣されたスタッフだ。
自衛隊はバブル期をピークに、少子化などの影響から年々志願者が減少してきている。減少に歯止めをかけるため、これまでも中高生向け雑誌などに「自衛隊ってどんなとこ?」という広告を出すなどしてきた。今回、誰でも気軽に入れる広報スペースを設けることで、より身近な印象を持ってもらい、志願者の増加につなげる考え。「自衛隊をほかの職業と区別するのではなく、選択肢の一つとして考えてもらえるようになれば」と防衛省の担当は話す。場所を渋谷に決めたのはターゲットとする10代後半から20代の若者が多く訪れるトレンドの発信地であることが大きな理由。渋谷のほか、原宿、秋葉原、新宿などが候補地として検討されたという。



秋葉原に作らなくて良かったですね。
繁華街の外れなんかに自衛隊連絡所なる場所があり、
固くて古めかしい「自衛官募集!」ポスターが貼ってあるようなイメージだったのだけど、
渋谷にこんなスポットが出来るとは時代の流れなのでしょうかねえ。
海自の制服を着てみたい。
posted by otonano at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月03日

維新派2008年新作公演「呼吸機械」

http://www.ishinha.com/information/index.php?ID_C=209
008年秋、「呼吸機械」を野外特設劇場<びわ湖水上舞台>で上演します。

「呼吸機械」
<彼>と旅をする20世紀三部作 #2
 ■日時  2008年10月2日(木)〜5日(日)
           9日(木)〜13日(月・祝)
  全日 18:30開場 19:00開演   
  ※上演時間は約2時間を予定しています。
 ■会場  さいかち浜 野外特設劇場 <びわ湖水上舞台> 
    (滋賀県長浜市高橋町さいかち浜/
     JR田村駅西口より徒歩約5分) 
 ■料金  一般 ¥6,000 18才以下 ¥5,000 <全席指定・税込> 
     (当日券各500円UP)
  ※維新派でお申し込みされた方で、一回のお申し込みにつき
   5枚以上お買い上げの方は1枚につき500円割引
 ■チケット発売日 7月13日(日)
 ■チケット取り扱い
 発売日以降に、当サイト、維新派事務所【06-6763-2634(平日10:00〜18:00)】、
 また滋賀県内施設、各プレイガイドにてお申込みできます。


米原駅から北に一駅の田村駅から歩いて行ける距離。
関東からもアクセスしやすい場所ですね。
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=118305360519424330315.00044efcaa96f616d61eb&ie=UTF8&ll=35.359411,136.277933&spn=0.027404,0.027723&z=15


水上舞台か〜、今からワクワクしますね。
湖畔の屋台村も楽しみ。近くに宿をとってのんびり飲み食いしたいなあ。
10月だし防寒対策は必要ですね。




観劇ついでに観光スポット。

・養老天命反転地
http://www.yoro-park.com/j/rev/
養老天命反転地は、現代美術家荒川修作と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズのプロジェクトを実現したテーマパークです。 約18000m2の園内には、メインパビリオン「 極限で似るものの家」とすり鉢状の「楕円形のフィールド」があります

・琵琶湖遊覧船オーミマリン
http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/
滋賀県彦根市。琵琶湖の竹生島・多景島などへの観光船を運航。料金、利用案内、周辺観光ガイド。

・彦根城
http://www.hikone-400th.jp/
国宝・彦根城築城400年祭の公式サイトです。イベント情報や彦根に関する詳しい情報、 キャラクターひこにゃんなど。

・琵琶湖水族館
http://www.lbm.go.jp/


Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by otonano at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月28日

TomaToma

トマトのお酒。
http://www.suntory.co.jp/liqueur/tomatoma/

最初は飲みなれない味にとまどうが、じょじょに慣れてくる。トマト
ジュースとお酒のあいの子みたいな感じで、とてもおいしくとてもヘル
シー。氷と胡椒を入れて飲むとぐー。



Black design フォトギャラリー
http://web.mac.com/blackdesign/iWeb/

Black design flickrフォトギャラリー
http://www.flickr.com/photos/blackdesign/

Black design YouTube映像チャンネル
http://jp.youtube.com/user/blackdesignjp

Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by otonano at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月18日

クラムボン博多百年蔵ライブ

発端はヒルズのJ-waveフリーライブにクラムボンが出演。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=418130230&owner_id=173990

そのライブにいたく感激し、ライブ盤を購入。


そのライブのクオリティに感動し、後先考えずぴあの先行抽選予約に申
し込む。


てなわけで行ってきました、クラムボンの百年蔵ライブ。第一印象は想
像してたよりも恐ろしく狭く、また全員分の席が用意されてるわけでも
なかったw。余裕ぶっこいて開場時間を過ぎてから参上すると、
後方スタンディングということになる。
http://www.ishikura-shuzou.co.jp/index.shtml


ミトくんがライブ盤のMCで「音がどこまでも伸びて行くような
ホール」と表現していたが、本当にその通りで郁子ちゃんの高音の伸び
にはびっくりした。酒蔵を改造したホールなので壁も分厚く重厚な造り
で、そういうのが音響に良いのだろうなあ。『クラムボンが求める最高
のライブの音』を実現できる場所。ここまで来る価値のある空間。


原田郁子
「私達は今、サイコーのライブをしています」
「きのう海の日だったんで、スタッフさんたちと海の方に遊びに行って
凄く楽しかったんだけど、帰りが遅くなって母さんに『あんた何時だと
思ってんの!早く寝なさい!!』と高校生の時と同じように怒られた。
もう30なのに。だめだめだよw」

ミト
「あまりにも音がいいんで、リハーサルあっとゆうまに終わっちゃった
よ。これ以上やるのは逆に良くないと思って」


伊藤大助
酒蔵の中央に柱があり、それのおかげで私の立ち位置からは大ちゃんの
表情が全く見えず。アンコールではDJ DAIとして活躍したらしい
が、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2378412
みんな立ち上がってて全く見えず。


酒蔵のかみさま(言葉のあやではなく実在します。mixiにも参加
されてるようです)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20622199&comm_id=1590530

・オペラは「ブラボー!」、歌舞伎は「中村屋!」、百年蔵では「ヤイ
ヤイヤイヤイヤイヤイ!」でお願いします。「結婚してくれ!」もなか
なかフォーマルです。


・先日発売された新しいアルバムを引っさげてのツアーなんだけど、
まったりファンの俺は買わずに参戦し「この曲、知らんし新曲かな
あ??」てな感じでした。

・帰りにその新アルバムを購入。その後サイン会もあるらしんだけど、
長蛇の列になるらしいので諦めて帰る。


・素晴らしいホールなんだけど、曲の静かな部分では(後ろの方は)空
調の音が五月蝿い。途中にトイレに出られるお客さんも多いのだが、出
入り口の音がガチャガチャバタンとして五月蝿い。

・曲の間の構成は、ミトくんがベースやらギターやら持ち変える時間で
だいたい決まっちゃう?

・百年蔵ライブは二日間とも参加する猛者が多いらしい。

・前半の椅子席は、座って聞くのが暗黙の了解らしいです。後半ミトく
んの一声で皆立ち上がると、後ろからは全く見えなくなっちゃう
w。最後の曲ではまた座ってまったりと聴く。

・見えなくなった時は、すぐ前でビデオ撮影してる人のモニター用の画
面でも見てる。それまでは三脚に載せてたカメラを、思いっきり高く上
げて頑張って撮ってはった。
・しっかり聴かせるためか、すごく薄暗くシンボリックな照明が多かっ
た。心に染み入る感じで観客的には大満足なのだが、ふとビデオ撮影モ
ニターを見ると全然写ってないしw。撮影クルーにはしんどい照
明だったと思われる。

・確かに素晴らしいホールで、またクラムボン的な場所でもあるんだけ
ど、実際に行ってみるとそれだけじゃない、クラムボンの三人と、蔵
と、博多の観客たちが素晴らしく噛み合って、ここまで創られてきたラ
イブだと思う。
1.九州の人は熱いやねえ
2.酒がふんだんにおいてあるし、酔っぱらってるねえ
3.場所がせまい
演劇とかでも「人気が出てきて大きなホールでやる公演」よりも「黎明
期に小さいホールに極限まで人を押し込んだ公演」の方が評価が高いも
のも多い。狭い所で熱くなって一体になって盛り上がるって言うのは燃
えるよねえ。


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by otonano at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月14日

1億330万人

http://weathernews.jp/typhoon/
ウエザーニュースの「台風被害シュミレーション」にて知ることのでき
る、暴風域に入る人数(予想)
日本の人口は19年1月1日現在で1億
2776万人なので、総人口の約80%が影響受けるということだ。凄
いなあ。社会科で習った太平洋ベルト地帯を思い出す。ついでに総人口
の半分以上を適当に扱われた年金のことも思い出す。


・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
宣伝/広報・広告・デザイン業界でよく使われる用語を集めた専
門用語辞典です。
webや新しいメディアの用語も随時追加していきます。
posted by otonano at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記